​ヒノツネ

Thou shouldst eat to live; not live to eat.
            Socrates

心配が祟ると感謝がなくなる
生きているだけで有難いのに
どうして感謝を忘れるんだろう
とても不思議な現実
 

なるようにしかならない
なるようになる
たったそれだけなのに
なってほしいと欲が出て
ならないと残念がる

とても不思議な現実

夜は明けて
朝が来る
嘆き悲しみに関係なく
淡々と日々がある
人がどうあろうと
そんなことはお構いなしに
陽は昇る
とても不思議な現実
 

自然は淡々としているが
それを見て
感情がないようにも見える
たしかに感情はなく
宇宙の運動性の中にあるだけ
繰り返すだけ
とても不思議な現実

この強引な比較から
自然に見倣い
淡々と生きるとする
何があっても

この心も
とても不思議な現実

ヒノツネ講座とは

人々が失いかけているものがある

遠くに追いやられ

薄れたものたちがある

それはとても目立たないものであり

それはとても怪訝されるものでもあるのだが今ここに

取り戻す事を勧めたい訳もある

人々が忘れ去ろうと努めているものたちが

声を殺しながら懸命に遠慮をする

重なった塊の隙間に思い出そうとする何かがあり・・・

その得体のしれない何かは・・・

日常からささやかに溢れ落ちていく

科学者ともいえる羽龍章が長年データーを取り、温めてきた知識と情報をこの度

テキスト化致しました。第一期生の募集となります。

一期生で終わる可能性もあります。羽龍の判断となります。(未定)

宙に浮くような理論ではなく、日常に役立つスピリチュアリズムの定義がこちらの

テキストには盛り込まれております。真性スピリチュアリティとも言えるのでしょう。テキストは、初級・中級・上級の三部構成となります。

ヒノツネ(日常)講座の対象者

(このような方が向いております)

●色々な事を学び試したが幸せが未だに判らない

●流行りに流行ったスピリチュアリティに立腹している

●生きるのがつらい

●悲観的にならざる負えない環境下に居る

●生き甲斐がない

●世界を恨んでいる

●何をやっても上手くいかない

●空虚だ

●世界の構造の真実が知りたい

受講後期待される効果

●ものの見方が変わる

●不自然な出来事は消えていく

●頭を使い考えなくなる

●用意されている出来事に遭遇して行く

●世界の構造の真実を知る

●以前あった自分自身の癖(パターン)が崩れて本来の自分を思い出す

●ストレスをストレスだと感じなくなる

●必要な出会いが訪れる

●日常を逞しく生き、現実に美しく直面する力を得る

ヒノツネ講座を受けるには?

Native Japanese会員登録が必須となります。

会員登録の詳細はこちらをご覧ください。

ヒノツネ講座・初級 概要

1.現実を知る

主観とする自我が思惟する実相的事実を知ることにより、そこに或るとする事実を

客観的に学んでいきます。必要なものは、必ず”眼前にあり”との確信に至るまでの学びです。ここでは、社会の長所や短所を知り、そこにあるどの部分に自分自身が興味を抱くのかを探っていき、魂の向きを計っていきます。

2.我が心の故郷を知る

われ思うゆえにわれあり、自分自身という存在を知るに至るまでの仕組みを知り、その心がどこに向かおうとしているのかを探ります。

3.自分自身とそれ以外の存在との関係を知る

無数に存在する主観、それが私たちの命です。それら命が何故無数にあるのか。また、主観の混在によるストレスの意味合いや、マルチ的実相体験を通した主客貫通の論を学びます。いわゆるワンネス的見地とは一線を画す論です。

4.忘れるという記憶を知る

必死にインプットしようとする情報の数々を一旦捨てる意味を知ります。そして、そのことによる本来の効果をフィジカル的に求める方法を探ります。一般的に云うところの断捨離とは全く異なる性格の学びです。

5.情愛の正体を知る

映画や小説、または恋人との出会いや別れなど、あふれ出る情愛は世界を構築しますが、その力の可能性を引き出し、情愛を如何にして増幅させるかについて学びます。また、情愛がどこからやってくるのかを知り、その根本原理に根差した生き方を知ります。

6.自然から学ぶ

全ての鍵は、私たちが住む地球上に存在する自然界にあります。もちろん、私たちひとり一人という存在全てにも共有する情報として存在します。大局的発想に至る前に、現実に或る動植物の実態を通して、目の前にある自身の吐息から宇宙の果てに至るまでの普遍的情報の正体を知ります。

7.ネガティブな人から学ぶ

精神症状を持つ人から心身共に健常な人の実相を知り、ポジティブ神話を一旦破壊します。更に、必然的不都合の成せるパワーを知り、ポジティブや前向きといった幻想に終止符を打ち、新たなる指向性高き魂の育成について学びます。

8.重畳的時空による多重歴(同時進行する様々な歴史)を学びます。

この世は、物理的法則による歴史と精神的法則による歴史が同居しています。それら時空の個別的特徴から集団的特徴を学び、そこに生きる自分自身の感性を育成することを主眼とした情報を学びます。加えて、それら情報を基本とした霊的現象(神隠しなど)の実像及び真贋の見極めを学びます。

9.原因と結果、そして経緯の参天法を学びます

この世にある全てを、陰陽二元論ではなく、陰陽杖三元論で捉えます。光と影、白と黒、善と悪といった二元論的世界観からの脱却を図り、情愛を杖点として自由闊達に駆使する参天法を使った生き方を学びます。参天方は、実生活にダイレクトに使える技術です。

10.自我~家族~社会の精神的スケール論から
 宇宙をプラスした魂のスケール論を実践します。

自我を中心とした自我ショートから解説し、家族スケール、社会スケールへの発展を学び、究極の宇宙スケールに至るまでの人生を探ります。本来、スピリチュアリティという世界観が必要とされた背景から、スピリチュアリティが本来必要とされる意義を知り、自分という存在の大きさを実感します。

11.日々を通して遊ぶことの大切さを学びます。

馬鹿モードになって遊ぶことを学びます。それら遊びを通して、何が変わるのか、そして、何が生まれたのかを実感します。他者への貢献は、遊ぶことからしか実現しないことも、この学びを通して実感されていきます。

 

ヒノツネ講座・上級 概要

ヒノツネ講座 ー上級編 ー
◆上級講座前期/ディベート編

ディベートは、肯定派と否定派に別れて議論することを指します。
班構成の形をとり、チーム毎にディベートのテーマに対する対策を練っていきます。

ディベートは、協力体制を整え、各班毎の戦略に一任することとします。
肯定派否定派の班分けは、テーマを個人的に吟味した上での自分なりの結論に従うものとします。

 

以下、ご参考ください。
※この講座では、一回主張&一回反論のスタイルを採用します。


議論の構造)

「主張」とそれを支える「根拠」を整え、「証拠」を確認しておきます。

議論の方法)

・主張する際

主張 → 根拠の提示 → 証拠の提示

・反論する際

相手が提示した根拠に対する疑問の提示

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

・ディベートは、集団で行うものと個人間で行うものを予定しています。

◎テーマ内容

・自分は存在するか
・宇宙は存在するか
・神(Something Great)は存在するか
・そもそも存在を議論することに意義はあるのか。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 


◆上級講座中期/ウォーキングフィロソファー編

ウォーキングフィロソファー(歩く哲学者)は、文字通り、歩きながら光景を楽しみ、

その中で膨らむ思惟を心に刻むことで、個人の哲学を深める方法です。

昔あった嫌なことを思い出したり、誰かと比較してみたり、また、光景を目にして過去のアルバムを紐解くこともあるでしょう。

ふと目にした光景から様々な思いが心を巡るのです。
歩くことによって生まれた気づき(思ったことなど)を、メール形式で提出いただき、

講師自らによるレスポンスを実施します。

◆上級講座中期/情報収集能力編

現代社会は、情報流通課社会とも呼ばれています。そうした社会の特性は、情報を整理し、

如何にして自分のものにするかが何より肝要だと言えます。

本講座では、課題としてのテーマを提示します。そのテーマを調査し、簡潔に説明することを

目的とします。

◆上級講座後期/カウンセリング編(傾聴能力の向上)

クライアントとの折衝に生じる”我慢から受け入れ”までの成長と、話すスタイルから聞くスタイルへの徹底指向を学びます。また、あらゆる文化を受け入れる度量について、様々な事例を元に学びます。
※受講者と講師のマンツーマンでのセッションを実施します。

◆上級講座後期/カウンセリング編(人を知る)

この世には、数限りないほどの個性が溢れています。受け入れることが困難と思えるほどの感性をお持ちの方もいらっしゃいます。人を受け入れるためには、自分自身の心の構えが如何にあるかという問題もありますが、何より、相手を知るということが先決です。この世に存在する代表的な個性について学びます。

◆上級講座後期/即興問答編(一早く合理を展開するために)

提示された思惟や出来事に対して、即興的な解釈を展開する方法です。

自分自身の感性を高めるため作用する一方、自分を信じる(自信を持つ)ことにも繋がります。

また、一早く物事の本質を掴もうとする心に急成長することも可能です。

楽しみながら実践してみましょう。

◆上級講座後期/戦略的大志編(自分も生きて他者も生きるために)

スピリチュアリティは、科学であり、文学であり、苦悩であり、各スケール論であり...

全てなのです。その全てにおいてセンシティブに生きる知恵です。

今ある狭義なる世界観では収まり切れない感性の世界なのです。

本来は、個性溢れる万人が何ら臆することなく利用できる知恵の集積でもあります。

そうした仲間外れのない価値観を元とした戦略的な大志を抱くことで、人は魂を打ち震わせつつ

活かされるのです。その巨大なるスケールにある醍醐味を、自らの戦略を企てることにより、

”自分はできるのだ!”との確信に至るための総論的学びです。


上級講座修了~最終試験について

上級講座を修了し、最終テストに合格された方は、HINOTSUNE Head Seeker

(ヒノツネ主任探求者)と認定され、各種グッズ等販売権・yumezi&羽龍 章講演イベント企画権(合同・個別)・その他特典が与えられる予定です。
尚、合格予定者の確率は30%以内と予想されます。
合格されなかった方は、次回、上級講座のみをあらためて受講された後、再び最終テストに

チャレンジすることが可能です。(合計三回まで有効)

ヒノツネ講座・中級 概要

ヒノツネ講座 ー中級編 ー^
◆中級講座前期/理論編

-道理- The reason

・苦しみ - 迷い悩むことでこの世がある
・苦しみの集合体 - 煩悩・妄執・愛執が苦悩を作る
・捨て去る - 執着を断つことで楽になる
・自分の道を歩む - 楽観に導く実践。


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

-自分を活かすために自分にとっての正しき道を知る-

1.見る(上記道理の場面を見るだけ)-See

苦しみある世の中で、問題となっている部分を直視することで、自分自身の中にある志に火を灯すための土台が出来上がります。

2.思惟(上記道理の思惟に至る)-Think

一つひとつの苦しみ(諸問題)を直視し、考究することにより、志という能動的思惟が

誕生します。その思惟は、あなた自身の人生を構築するための船です。

その船には、あなたが人生において必要と感じる全てが積載されていきます。

3.言葉-Word

どんな言葉が、あなたを作り上げるのでしょうか。あなたが日常的に使う言葉には、

それなりの意味があり、その意味を解するのは、”あなたとあなたに近しい人たち”です。その人たちの心に映る言葉を選ぶことで、あなたは、あなたが望んだ人生の定義が認定されていきます。

4.行為と振る舞い-Action and behavior

あなたの感性は、あなた自身の全ての行為に反映されています。

その数限りなく繰り返される日常的行為の積み重ねが、あなたという個性を作り上げ、

体調さえも左右します。

あなたの行為は、全ての人たちが経験する人生に作用します。

その作用する力は莫大です。

あなたの行為を見直すことにより、あなたの人生のみならず、万人の幸福を求めます。

5.生活-Life

生活の実態によって、あなたは、あなた自身の魂を向上させるか減退させるかが決定されます。生活は、あなたの人生に持続力と新しい価値観を与えてくれます。時代が変化していっても、生活の質を向上させるだけで、あなたの時代への汎用性が高まります。

6.努力-Effort

宇宙に普遍として横たわる力の向きと違った方向に努力すると、天下の大悪党にもなってしまいます。それほどに”努力”には大きな力が秘められています。こうした努力の特性を鑑み、これからの時代に則した努力の在り方を学び、感動を生み出す努力を学びます。

7.歩むべき道を念じる-Pray for your way  walking in a spirit

あなたが歩む道は、望む力が大きければ大きいほどに確固たる道に変貌していきます。

決して大声で叫ぶのではなく、念には念を込めて思うだけでいいのです。

念のため念入りにということです。既に多くの方々が念じた生き方を選んでいます。

あなたは、念のため念入りに道を造るための計画を立てるということです。

8.精神統一-Mental concentration

精神統一とは、数ある個性的な精神をひとつに統一するということです。

数ある精神をまとめ上げることが、もっとも大切なことであって、座禅をしたり

お経を唱える必要はありません。

散り散りとなった我が精神の欠片を拾い集め、トータルコーディネイトに至るということです。実現すれば、あなたは常日頃からあなた自身の人生を、魂と心、そして身体も同調して謳歌する時間を楽しむことが可能となります。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
◆中級講座後期/実践編

講座前期での理論を学んだあとは、この世に生きる上での実践を通した学びとなります。
実践編では、yumeziと羽龍とのやり取りなど各シミュレーションを通して実感した思いを確認しながら、現実生活の中での気づきをレポート提出していただきます。レポートのレスポンスについては、講師の講評が付加されます。

-メソッド-
①講師より動画による問題提起
②受講者からの感想と気づきのレスポンス
③各受講者へ個別講評をレスポンス

尚、この講座を修了するための最終テストは実施しませんが、上級講座を希望される方の場合、講座終了時に、講座受講の資格取得を目的としたテストを実施いたします。

 

​講座を受講するにあたって

ヒノツネ講座、受講資格

●Native Japanese会員であること。

●受講するにあたりテストがあります。テストを通過された方

​●テストを通過されたNative Japanese会員様は無料にてヒノツネ講座が受講できます。

​Native Japanese会員ではない方はこちらよりご入会願います。

中級・上級の概要は現時点のものとなります。今後変更となる可能性があります。

◇上級講座修了~最終試験について

上級講座を修了し、最終テストに合格された方は、HINOTSUNE Head Seeker(ヒノツネ主任探求者)と認定され、

各種グッズ等販売権・yumezi&羽龍 章講演イベント企画権(合同・個別)・その他特典が与えられる予定です。尚、合格予定者の確率は30%以内と予想されます。

合格されなかった方は、次回、上級講座のみをあらためて受講された後、再び最終テストにチャレンジすることが可能です。(合計三回まで有効)

以上、概要となりますが、”日常にこそ神秘あり”と実感される講座として企画されていますことから、かなり柔軟な発想力が必要となるものだと言えます。

本来、日常を心底体感してこその神秘なのですが、近年、マスコミ主導でのエンタメ色を中心としたスピリチュアルコンテンツが99%を占めているのが実態であります。

従いまして、本講座の特性は、これまでスピリチュアルに夢描いてこられた方にとっては、反対色に映る可能性もあり、素直に受け取り難い内容と受け取られることも想定されます。

しかし、本来のスピリチュアリティは、実生活に社会的要素として大きく作用する文化でありました。偏向的文化ではなく、万人が受け入れ易い文化であり、且つ、使える文化なのです。

それを、この講座を通して実感されることが、私たちの常なる願いです。